塾の種類

塾で勉強する子供

塾の種類には大きく分けて3つ存在し、それぞれ「進学塾」「補助塾」「総合塾」に分かれます。

「進学塾」とは、文字通り進学するためのカリキュラムを組んでいる塾で、受験対策のための学習塾です。
一人一人にあった指導をするために個別指導になっているところが多いのが特徴です。
「補助塾」とは、主に学校で習った授業の補助をする塾です。
「補助塾」でももちろん受験対策はしますが、主な目的は学校の授業の補助をし、生徒の予習復習を助ける為のカリキュラムが組まれています。
「総合塾」とは、上記2つの特徴を併せ持った学習塾です。
上記3種類以外にも、志望校の難易度によって進学コースが分かれています。
主に、難関私立学校などを受験する生徒は「進学塾」に、推薦入試などを受ける生徒は「補助塾」に、部活などと受験を両立したい生徒は「総合塾」に通ったりしています。
志望校や現在の成績などで適切な塾は変わってきます。
お子様の学習状況を把握し、適切な塾に入塾出来るようにすることが大切です。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.

Powered by WordPress | Designed by: Premium Themes | Thanks to Download Premium WordPress Themes, Premium WordPress Themes and Bromoney